読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おくてんの山と写真の日記

山と写真が趣味で、少しひねくれた楽しみ方をしているブログです

K2 COOMBACK 114 クンバック

北海道で生まれスキーを始め、ゲレンデからアルペン競技、30m級までのジャンプを経験してきたけれど、物心ついたらウェアも板もK2だったことを思い出した。

スキーにカムバックしたのは、間違いなく登山の影響があり、山の上からスキーをするならといって調べたところ全てのスペックを満たしたのがこのCoombackだった。

f:id:youjio:20170328202016j:plain

Coombackにはセンター幅114mmと104mmがあるが、最初に買うなら厳冬期にバックカントリーに入れるだろう114mmにした。オークションで購入したこの板は新品で、最初からビンディングはDynafitのTLT SPEED TURNがついていたことも決めた一因。

赤いかわいい板は2016年型で、ディメンジョンは、177cmにトップ幅140mm センター114mm テール118mmというもので、回転半径はR23mと大周り用。

f:id:youjio:20170328202044j:plain

この板は、オールテレインロッカーと言う名前が付いているようだがセンター部分がキャンバー、トップがロッカー、ボトムはフラットでツアー用の構成になっている。

f:id:youjio:20170328202120j:plain

この板の特徴は、とにかく軽いこと。センター114mmと極太なのに1800g程度しかなく、ビンディングと合わせても2キロ前後しかない。実際に手で持ってみると驚く軽さ。この太さならラッセルも楽だろうしまさに山を歩くスキーです。

整地を滑った感じは、かなり板は暴れます。板がたわみ、響くことはありますが、この板の太さの場合は仕方がないし、逆にこの柔軟性がBCでは生きてくると思います。

f:id:youjio:20170328202144j:plain

実は初めてのTLTですが、このSPEED TURNの構造にびっくり。なんとビンディングを回していろいろな機能を選択できるというもの。本当に面白く、そして頼りになるギアです。