おくてんの山と写真の日記

山と写真が趣味で、少しひねくれた楽しみ方をしているブログです

これからそろえるバイクグッズですが

バイクも手に入れ、保管庫も手に入れ、勝負ホイールも手に入れた今、準備するアイテムはほぼ無いのですが、熱くなった物欲はとどまることを知らず。。

今発注しているのは次のもの。

中華シリーズステキw

とどいたら、がっかり具合をレポートしますw

 

自宅に帰って、ブラックちゃんの整備

ブラックちゃんことBrand-x RD-01ですが、ディレイラー調整とバーテープ巻き、STIの位置調整、ベルの取り付けを行いました。

f:id:youjio:20180924191211j:plain

これから整備を受ける状況ですが、とりあえずブレーキクリーナーを室内で使いたくなかったので、外でチェーン清掃だけ終わっています。

ディレイラーの調整は、単にテンションの調整だけではダメっぽかったので、もう一度一から設定しました。チェーンははめたまま行ったことと、ケーブルがほつれてきているので、近く再度ケーブルの張り直しを行います。

バーテープは、2本で600円のコルクにしました。真黒です。

STIの調整は、少し上向きにして、長距離ライドを楽にできるポジションにしました。

ベルは、安物を買いましたので真っ黒なベルを取りけました。

 

5キロほど走ってみて、完調と言えると思います!

来週は家の仕事があるので、ちょっとだけ走るくらいかなあ。

ど素人が、フレーム単品からロードバイクを作ってみました(完結編)

4万円で制作したフロントシングルのロードバイクですが、秋雨前線のなか日に諏訪湖を走って見ました。

諏訪湖は一周16キロなのでかなり短いですが、諏訪大社四社めぐりをすると36キロに高低差100mと都合よく、今回は僕と同じくロードバイク初心者の友達にとってもいい経験になりそうです。

 

諏訪湖に朝7時に着きましたが、気温15度と最高のコンディション。

f:id:youjio:20180923152132j:image

手前が末っ子のブラックちゃん。

奥が友人のTREK DOMANE SL6!高ーいディスクロード!

ブラックちゃんは組み上げてから初めて乗るので、どんな感じかわからないのて恐る恐る踏みましたが、フロントシングルで少しローギアードなこともあり、軽快です!

9.4キロですが、全くそれを感じさせません!

走って10キロくらい?諏訪大社下社秋社に着きました

f:id:youjio:20180923152842j:image

ここまでは平地主体で息も上がらず楽々。

そこから春社へ。

ここは70mくらい登りがあり斜度もありますか、ここも軽いギヤで楽々!

f:id:youjio:20180923153043j:image

brand-x おそるべし!

斜面を下って湖沿いを6キロくらい流して、湖畔で休憩!

f:id:youjio:20180923153208j:image

絵になりますねえ。。

しばし休んでから上社まで!

一般車道の走行ですが、轍にも強いし、荒れたコンクリートでも手が痛くないのは驚き!

諏訪神社も三社め。

f:id:youjio:20180923153423j:image

龍がカッコいい!

f:id:youjio:20180923153517j:image

ここから1.5キロで四社目!

ここは20度ほどの坂があり、知人は流石に登れなかったので押登。

f:id:youjio:20180923153639j:image

ここが本社なのですか、一番質素。

さらにここから12キロ走ってホテルへ。

いやーbrand-x DR-01は振動、剛性、重量、コストを考えると、かなりオススメです。

僕の個体は、リアディレイラーの調整がイマイチでしたが、とても楽しかったー!

 

p.s.

どうもディレイラーの不調は、ワイヤー伸びのようです!

明日には調整終わらせます!

 

 

 

ど素人が、フレーム単品からロードバイクを作ってみました(5)

夏休みが一日余っていたので、雨で何もできないからこそ、自転車の組み立てのためにお休みをいただきました。

とおもったら、義理の母親が足が痛くて歩けなくなるハプニングもあり、自転車に書かれたのは14時から。

ということで、ほぼすべてのパーツの取り付けと、面倒くさいディレイラーの調整を終えました!

今週末、このバイクで走る予定なので、フィーリングなどはそれを受けて書きますが、残りの作業についてです。

f:id:youjio:20180921181008j:image

ハンドルはカーボン製の中華エアロハンドル。9ミリの良くわからないステムでTOKENのインテグラルヘッドに取り付け。

サイコンつかっていないので、iPhone取り付けアダプタを付けていますが、ハンドルがケーブル内蔵式なので、ただでさえ丸くて機材を付けやすい場所がないハンドルなのに、その辺からケーブルが生えてて使いにくい。

ハンドルバーは、練習に片側を使って捨ててしまったので、残っているハンドルバーを半分にして、手で持つ部分に巻き付けたので、全部に施工していません。もともとエアロ部分は巻きませんしね。

f:id:youjio:20180921181051j:image

右のハンドルエンドには。後ろが見えるようにミラーを付けました。

今小さいタイプを買っていますが、こちらはCRCで600円だったので、試しに買って失敗したものです。

f:id:youjio:20180921181054j:image

ペダルは、シエラトレーディングポストで買った、MTB向けのペダル。

大型のフラット側と、反対側にSPDがついたモデルdで、かなり重いので本来はダウンヒルと可で使うものですが、試しに。

f:id:youjio:20180921181057j:image

フロントは、予定通りシングルに。ディレイラーがないからすっきりです。

BBは、あまっていたDuraAceに替えてスムーズになりました。なお、11Tにするとチェーンガードにチェーンがあたりますが、5mmボルトが届いたら、チェーンガードははずしますので問題なしです。

チェーンは、KMCのX10です。シマノの10速をフルカバーするので、大変使いやすいです。銀色なので、ミッシングリンクは金色にしました。

f:id:youjio:20180921181102j:image

スプロケット付けました!

このホイールは、もともとまだ紹介していない2号機につけてあったもので、AXIS2.0です。いわゆる鉄下駄ですが、スペシャライズドのものらしくかなり回転はスムーズでした。

しかし。もともとついてたスプロケットが硬くて取れなかった。20分くらい格闘しました。

あとは、チェーンガードを張って、ディレイラー調整をして無事10S全部つかえるようになりました!

真っ黒なマシンになぜかチェーンリングだけ銀色のマシンですが、これらのパーツで9.5キロの重量です。

ホイール、ペダル、クランク、スプロケットなどこうかんすると8キロ台にはできそうですが、この自転車はあくまで日々の練習と軽やかサイクリング用なので、これで十分!

ということで、このバイクにいくら出費したのかと言うと。。

フレーム Brand-X RD-01 16000
ホイール前 SPECIALIZED AXIS 2.0 0
ホイール後 SPECIALIZED AXIS 2.1 0
ブレーキ前 TEKTRO 0
ブレーキ後 BR-R451  2800
ディレイラー   0
ディレイラー SHIMANO TIAGRA 4700 3000
スプロケット CS-HG62-10 3000
チェーンリング ALFINE 45T シングル 0
クランク ALFINE FC-S501 0
チェーン KMC X10 1800
ハンドル PLATT 5000
シートポスト ? 2500
シート   0
STI TIAGRA 5500
シートクランプ ノーブランド 500

 合計40100円くらいです!

細かいところでいうと、ケーブルとかバルブ栓とかありますが。

パーツが余っていれば、それなりのバイクを作れるんですねえ!

ど素人が、フレーム単品からロードバイクを作ってみました(4)

夜間にパーツを発注し、家に帰ってから1時間程度しかロードバイクを組む時間がないので、遅々として進みません。

今日のテーマは、ケーブリング。

 

かなり初期に手に入れていたエアロハンドルがケーブル内蔵式だったこともありハンドル周りのケーブルは割ときれいになるかなと思いきや、なんだか窮屈なケーブル回しになってしまいました。

ブレーキは、STIからケーブルを入れて、ケーブルガイドに沿ってキャリパーまでラインを引いて、あとは引きの調整をするだけなので簡単!

f:id:youjio:20180919234312j:plain

フィーリングは、105とそんなに変わらないんじゃない?って感じ。

問題は、右のリアディレイラーとつながるシフトケーブル。

分かってしまえばなんてことは無いですが、STIの取り付け初めてだったこともあり、ケーブルのタイコの入れ方がわからなかった!

重くするギアを思いっきりカチャカチゃやらないと、タイコがなかに導入されないんですね!

リアディレイラー配線したら、次はコラムカット!

これはモノの30秒で完了し、りりしい姿が!

f:id:youjio:20180919234318j:plain

あとはカセット、クランク、チェーンをつけたら完了!

 

 

ど素人が、フレーム単品からロードバイクを作ってみました(3)

まっていたロードバイクのフレームが届きました!

インターネットでは、結構話題の多い Brand-X のRD-01というフレームです。

今回16000円の1500円引きで、らくらく免税内での購入でした!

こんなデカイ箱がとどき、びっくり。

f:id:youjio:20180918224743j:image

開けてみると、良くネットで見る艶消しブラックのフレームです。

深いグレーで、BXとかRD-01などと書かれていますが、正直目立たないように書いているとしか思えません。

f:id:youjio:20180918224748j:image

フレームとフォークの組み合わせですが、あきらかにマウンテンバイクとは重さが違う!もってみると拍子抜けする軽さです。

フォークは、カーボンらしいのですが、コンコンやった時の音が金属質。

かといってフレームやコラムのアルミと比べると音が違うので、こういうカーボンなんですね。

あまりにうれしくて、組み立てらっるところは一式組み立てちゃいました。

f:id:youjio:20180918234514j:image

ヘッドパーツを借り組し、BBをセットし、前後ブレーキのあたりを見て、別のバイク向けのホイールを履かせ、先日までセットアップしたエアロハンドルをセット

もちろん、BB下のケーブルガイドもM5で固定!

f:id:youjio:20180918234519j:image

良く話題になるリアのブレーキは、ロングステーのこちらに。

シフトケーブルのアジャスターがなかったことと、カーボンシートポストが私の足の短さに合っていなかったため、発注。

あとは、ケーブル取り回し、完成車のホイールとカセットの交換、クランクとチェーンリングをセットして、チェーンを巻いたら完成じゃないか!

なお、フレーム、今組んだだけの状態だと、メチャ軽い!

走るのが楽しみです!

 

 

 

なかなかフレームが着かないので、その他の話題

そろそろスキーの時期だって言うのに、完全に自転車の話題になっていますが、もう少ししたらそれも落ち着くことでしょう。

さて、CRCで激安アルミフレームを発注して2週間ですが、いまだ届かず。

しかし、それ以外に発注したものは届くという不思議。

いままで3回発注していますが、3回とも違う配送業者なので、地雷もあるようです。

 

ですので、ロードバイクを一から作るネタは進められないので(パーツとかはそろいつつありますが)それ以外の自転車の話題です。

フレームと一緒に、ホイールも発注しており、巨大な箱がフレームの前に届きました。

f:id:youjio:20180917173720j:plain

f:id:youjio:20180917173723j:plain

ほんと、われながらバカだなっておもいますが、2セット購入。

いまフレームから作っているバイク以外に、完成品を2台購入しており、それ用のホイールです。

このがいそうをみただけで分かる方もいることでしょう。

それらは、完成品車両の説明の際にご説明いたします。

 

また、自転車とくれば必需品は空気入れです。

が、私携帯用空気入れをマウンテンバイク用にかったのと、足踏み式の空気入れを買っていましたが、足踏み式が6バールまでしか入れられない仕様。。。

これでは8バールを入れるロードレーサーには適さないので。。。これ買いました(笑)

f:id:youjio:20180917173736j:plain

Lezyneのプレシャーオーバードライブです!

これ、チューブレスに対応したポンプで、巨大なエアタンクに高圧の空気を充てんし、チューブレスタイヤに一気に空気を送り込み。膨らませられるものです。

最大15バールと言うあり得ない高圧を流し込めます。

このように、パーツや用具は揃いましたが、実際に自転車に乗れているのかと言うと。。。初めてのロングライドに行きました!

 

平たんな九十九里を100キロ。だらだらとはしってみましたが、完成車で走ったので、また今度お見せします。

 

ちょい乗りも10キロ単位で走れるようになったし、SNSで知人からサイクリングのお誘いが来るなど、これから徐々に本格的になりそうです。