おくてんの山と写真の日記

山と写真が趣味で、少しひねくれた楽しみ方をしているブログです

シーズンオフになってから、スキーの揃え方講座とか書いてみるw

まだまだスキーに行ける山があるのに、今年はスキーをいったん納めて、山登りにいそしんでます。しかし、スキーに行きたい病は治らず、昨年どうやってスキーにはまったんだっけと思い返す日々。

ということで、私がスキー沼にはまった経緯と、個人的なスキーの揃え方講座をかいてみますw

多分私のブログを見ているということは、山登りか、スキーか、カメラかの話題で訪問されたんだろうなって思います。で、おそらく基礎スキーじゃなくなんとなく山スキーを意識されているのではないでしょうか。私がそうでした。

山登りをして、歩いて降りるくらいなら、登った分滑って降りたら素敵じゃないか、と思ってもふしぎじゃないですものね。

まずは金具からw

スキーを選ぶとき、一般的には、ゲレンデ用のスキーと、歩く機能を持ったツアー用のスキーってのに分かれます。それぞれで特徴的なのが、スキーとブーツをつなぐ金具、ビンディングの種類かのかなと思います。スキー板とかブーツとかじゃなく、なぜ金具なのかというと、ここで拡張性が大きく分断されているから何です。

私は、ツアー用のビンディングはいろいろなタイプがありますが、ここでは一般的になってきている、Dynafit社の規格であるTechっていう種類とします。TLTって言われてますが、つま先が特徴的で、ヒール側がぶらぶらさせることができる機能により、つま先固定、ヒールフリーっていう歩きやすい形態が取れます。

もうひとつは一般的なアルパインビンディングってやつで、普通のスキー靴と同じでつま先ヒールどちらも固定するタイプです。

前者は、歩きと滑りが、後者は滑り専用っていうことになり、山を歩くなら前者、滑るだけなら後者ということになります。

下の写真は、同じ板にTLTとアルペン、二つのビンディングを取り付けられるようにした板です。左がTLT,右がアルペン

f:id:youjio:20170510205640j:plain

大きさが段違いに違い、重さも段違いに違います。

なぜこの違いを最初に取り上げたかと言うと、スキーブーツがTLT対応か、対応じゃないかの違いにつながるためです。ブーツは一度買ったら、何足も買わないのではないでしょうか。そうするとブーツに合わせて板を追加することになるので、ゲレンデなどリフトで登って滑るなら、アルペンが手軽でいいってことになるわけですね。

私のブログは山歩きが主体なので、今回はTLTを基本で購入を考えます。

板っていろいろある

最初に面食らうのは、板。とにかくいろんな種類がある。選ぶ条件は、

長さ、太さ、曲がりやすさ、うきやすさ、硬さ、重さ、メーカー、見た目ってところでしょうかね。

条件をパッケージにすると次みたいな感じになるんでしょうね。

  • ふかふか雪
  • 硬い雪
  • 木がある斜面
  • 圧雪
  • 飛んだり遊べる

それぞれ、滑りやすい板の特徴が違います。

私は、フカフカもしくは圧雪っていうのを選びました。もともとK2が好きだったので、K2のCoomback 114っていうのを買いました。これは、センターが114mmの太めの板です。

f:id:youjio:20170328202016j:plain

山歩きにも軽く、太いので雪に沈まないいい子です。でも圧雪斜面も楽しい板です。

しかしゲレンデでカービングをしつつ、サイドカントリーも滑り、できればジャンプとかもできたらなあ、っていうことで買ったのが、同じくK2のプレス。

f:id:youjio:20170328202737j:plain

これは159cmでセンター85mmという板で、結構硬めの板でした。

Coombackは良い板なのですが、微妙に太すぎ、ゲレンデ滑りが自由にいかないと思い買ったのがAtomicのDrifterです。

f:id:youjio:20170328202306j:plain

この板は173cmの長さで、センターは95mmということで、本当に手ごろです。

メタル入りの割に軽いし、振り回す楽しさもあるいい子です。

そんなスキーで滑っていたら、ものすごい深いパウダーでは95mmでも沈むことがありました。それで買ったのがVolklのKUROです。

f:id:youjio:20170328201122j:plain

圧倒的なセンターの太さは132mm長さは185cmと大柄。でも積もったスキーの上を滑走するには最高のスペックです。

いままで買った4本で、すべての山の斜面が滑れるなーって思ったのですが、ツリーランをするときに少し長めの板が多く、ハイクアップでも少し重いかなと思い買ったのが、AtomicのAspectです。

f:id:youjio:20170424221647j:plain

この板は、168cmの長さに85mmのセンターの太さということで、小回りが利く!さらに軽量1.3kgしかないのです。これで短く軽く、長く太いところまでオールラインナップができました。

スキーブーツは、TLTに対応した2足を使い分けています。

ScarpaのSpirits3は軽く柔らかい。

f:id:youjio:20170328203653j:plain

Kのピナクル110は、かっちりしてるけど重い

f:id:youjio:20170328203804j:plain

こんな構成になりました。

道楽親父なのでできることですが、もし誰かの参考になればとおもいます。

ZUMA BC-Platinum ツマ 雪遊びと、BCの両立できるスキー板に

以前何かで、ZUMAっていうスキー板を見たけれど、海外の小さなすきーぶらんどなんだろうとおもっていたら、どうもSWALLOWのブランドらしいと知った。

ヤフオクで、ZUMAのBC-Platinumが板のみ2万円で出ていたので、メーカー推奨位置に298mmでチロリアの取り付け穴をあけてもらう条件で落札。

このいた、なんとなくツインチップ。なんとなくロッカーといういたなのだが、122-85-115というプロポーションで、R16m。168cmというプロファイルは、結構面白そう。

板が納品されたら、即座に穴あけ。

もちろん、チロリアのPeak用と、TLT SPEED向けにインビスしました。

f:id:youjio:20170510205539j:plain

穴は片側の板で16個開くことになります。

インビス完了して、二つの板に別々のビンディングをせっとしてみた。

f:id:youjio:20170510205640j:plain

推奨位置が右、左が6センチセットバックのTLT.

推奨位置が、ドセンターであることが分かる。

なお、BC-Platinum + チロリアは、2.7kgで、

BC-PLatinum + TLT SPEEDは2,1kgと、やっぱりTLT軽い。

 

実際にブーツを付けてみると

f:id:youjio:20170510205746j:plain

6センチだとこのくらいバックする。

テールの長さは

f:id:youjio:20170510205808j:plain

このくらいの差。そもそもTLT SPEEDのコンパクトが影響してテールあ短くなった感じがしないけれど、かなり後方にバックしている、

 

これで、しーるをつけて登高できるのか、試すのが楽しみ。

ATOMIC Waymaker 80 アトミック ウェイメーカー 80

アトミックは、これまでスキー板しか買っていなかったけれど、初めてブーツを買ってみた。それがWaymaker 80

f:id:youjio:20170426180849j:plain

これ、たまたま新品が13800円で売られていたので、購入してしまったのですが、ユルユルスキーで、ウオークモード付きでっていう視点では悪くない。

足の指なんて、ほんとフワフワ。てかもう少し締められないかな。

FLEX80のわりにかっちりしているのは滑り重視なのか。同じ80のスカルパと比べても硬い。

f:id:youjio:20170426180840j:plain

ウォークモードのできは最小限。これで満足する人はいないと思うけれど、ダウンヒルモードから少し余裕を持って滑るには良いかも。たとえばフリースキーとか。

スモークにブラック、オレンジ、配色はじぶんのいちばんの好み。

インナーの安っぽさがすごいので、K2とかSALOMONでは使いたくないけれど。

f:id:youjio:20170426180932j:plain

春は、このブーツで遊ぼう・

 

ATOMIC BACKLAND ASPECT アトミック バックランド アスペクト

アトミックは、なんだか思い入れのあるメーカーになってしまいました。

初めてのツアー用の板がDRIFTERだったからかもしれません

そのごBLUESTER DD 3.0 SXを買い、今回手に入れたのはBCで使う予定のBACK LAND ASPECTです。

f:id:youjio:20170424221647j:plain

このスキーは、K2のWaybackと同じく、超軽量コンセプトで、ハイクアップにこだわった板。まだ滑っていないので、不整地の滑りは分からないけれど。

164cmと短いのもあるけれど、プレス板らしく1300gと超軽量

TLT SPEEDを付けていることもあり、一枚当たり1650g程度しかない!

シールで登るには最強の板ではないでしょうか・

f:id:youjio:20170424221714j:plain

これもインビス加工が終わっているので、来年春のBCでデビューですね

ICELANTIC KEEPER SKNY アイスランティック キーパー スキニー

スキーは、モーグルのようなフリースキーが始まり、カービングスキーが出て、いまももの凄い勢いで進化している。変化はのスピードは増している。

そんななか、変化を巻き起こしているのは大手ではなく独自コンセプトで製品を出す、小規模メーカーだと思う。それが4FRNTだったり、ARMADAだったりするわけだが、ぼくも小規模な生産をしている会社のスキーに関心を持った。

といっても先にあげたメーカーはすでにメジャー。FACTIONとかMOMENTなどもそう。SKI LOGICぐらいだったらまだまだ小規模なのかもしれないけれど、ということでぼくが選んだのはICELANTIC。これはSierraTradingPostでも激安販売していたのでちぇっくしていた。

ぼくが試しに買ったのは、ICELANTIC KEEPER の SKNYモデル

SKNYとは、パウダーが深くない、ONPISTEで楽しめるシリーズなのだそう。

f:id:youjio:20170424221440j:plain

アトランティックって感じのトップシート。なんか怖いw

これはTLT1 SPEEDのインビス加工をしている。

板は一枚1700g。でも、このいた191センチもあるw

プロファイルは、128-95-112と少し細め
CAP構造ですがメタルは入っていないようです。

f:id:youjio:20170424221530j:plain

もうシーズンオフだけれど、春スキーに使ってみようか画策中

K2 Pinnacle 110 ピナクル ツアースキーブーツ

結局ブーツもK2に手を出してしまいました。

K2を買収したコールマンは、もうひとつフォルクルも買収していて、オンピステはフォルクル、バックカントリーはK2が強みになっているようです。

このブーツも、歩行モードを備えたツアースキーブーツになっていて、TLTに対応しています。しかし特筆すべきは、同じブーツでアルペンにも対応しているところ。

f:id:youjio:20170328203804j:plain

スカルパ スピリットと比べてもコバの高さが低く、アルペン向けなんだなあってよくわかる構造です。

ツアースキー用なので、背面には切り替えればーがあるのですが、これがまた頑丈な作り。

f:id:youjio:20170328203916j:plain

で、気になった方もいると思いますが、このブーツにはスカルパのインナーが入ってます。

f:id:youjio:20170328203817j:plain

このスカルパのインナーは、一般的にあるベロを引っ張ってシェルを開くタイプではなく、重ねて巻いているタイプなのです。インナーの取っ手を引っ張ると、ぐいっと入口が開き、そのままシェルもがバット開くため、ものすごく履きやすいのです。

インナーを入れ替えたK2とスカルパですが、インナーが痩せてるスカルパ、シェルがかたK2の両方を一気に解決できた交換でした!

SCARPA SPIRIT3 スカルパ スピリット3 ツアースキーブーツ

バックカントリースキーをヤルとなって、最初に考えるのは登山靴メーカーのスキー靴。ぼくは登山靴もスカルパを履いていることもあり、まずはスカルパのブーツを探し、最初に買ったのはスカルパのAVANTという靴だった。

しかし、ツアー用のTLTというビンディングがあり、いまではデファクトだときいて直ぐに売ってしまった。そして手に入れたのがこのスピリット3

f:id:youjio:20170328203622j:plain

オレンジが鮮やかな3バックルブーツ。稼働域は45度で歩行ができる。重さは1足1.5キロほど。もちろん、TLTに対応している。

が、ファンスキーアルペンビンディングともに、なんとか取り付け可能でした。

f:id:youjio:20170328203653j:plain

見た目もスタイリッシュだし、とにかくカッコイイ!

が気になるところがあるでしょう?

f:id:youjio:20170328203701j:plain

はい、スカルパのインナーは、K2のピナクル110のインナーなのです。

スカルパのブーツはもちろん素晴らしいのですが、インナーが軽さを求めて大変チャチ。なので、K2のふんわり熱整形インナーに替えています。軽さと快適さを備えたブーツになりました